最少遂行人数を確認しておこう!!最少遂行人数に足りないときはどうなる?

ツアーに書かれている最少催行人数を確認

旅行会社のツアーを利用する方法としてネットから申し込んだり窓口で申し込んだりがあります。魅力あるツアーがたくさんあるので、選ぶだけでもウキウキしてくるかもしれません。その時に知っておきたい言葉として最少催行人数があります。10人や20人などの人数が書かれているときもあれば、設定なしのものもあります。もし10人とならツアーに10人以上申し込んでいないと中止です。設定なしなら一人でも申し込めば行われるでしょう。最少催行人数があまりに多いツアーだと中止になる可能性があるので注意しないといけません。中止の連絡に関しては国内ツアーだと数日前までにしてもらえ、海外ツアーなら数週間から1か月前ぐらいに来るのが一般的でしょう。

最少催行人数に満たないときはどうなるか

旅行会社が企画するツアーには最少催行人数が設定されているものがあり、必ずそのツアーに参加できるとは限りません。と言っても旅行の申し込みをするときに旅行代金の支払いをしなければいけないときもあります。中止になったらどうなるか気になりますが、まず旅行会社から連絡が来ます。そして旅行代金の返金を受けられるでしょう。旅行会社によってはその時に予定していた旅行日に出発をする別のツアーなどの提案などをしてくれる時があるので利用を検討してみましょう。沢山のツアーを用意している旅行会社であれば、他にも多くのツアーを用意しています。提案されたツアー料金と支払い済みに差があるときは、返金を受けたり追加支払いが必要になります。

ヤートラルートをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です